アメリカで子育て ワーママの日常

30代シンママ。アメリカで初めての一人(+1)暮らしの不安・・・

もうすぐアメリカでシンママ生活が始まるんですが、色々準備をしていて気づいたこと。

「私今まで、人生で一度も一人暮らししたことない・・・。」

息子が一緒なので一人ではないんですが、「大人が一人」の状態で暮らすのが、よく考えたら初めて!!
私が住んでいるカリフォルニアは、アメリカの中でもめちゃくちゃ物価が高くて、家賃とかびっくりするほど高いので、日本みたいに「大学生の一人暮らし」ってあんまりありません。

私も19歳まで日本で実家暮らしをして、20歳でアメリカに留学してからは、
ホームステイ→友達とルームシェア→就職して友達とハウスシェア→結婚
ていう感じで、一人暮らしの経験が一度もありません

シンママになって初めての一人(+息子)との暮らしに、なんかちょっとワクワクもあり不安もあり・・・。

まず何から始めればいいのかすらわからないところからスタート(笑)

シンママのアメリカで家探し

とりあえずは家探し。
条件としては、

  • 1ベッドルーム
  • 息子の幼稚園まで車で15分以内
  • アパートの入り口にゲートが付いていること
  • 治安がいいこと
  • 狭くてもいいから綺麗なところ

の5つでした。
特に「治安がいいこと」は1番大事!!
アメリカで「治安が悪い場所」って、日本の「あそこ治安悪いよね~」っていう場所とは全然レベルが違うので、シンママの私には1番重要なポイントでした。
なのでアパートの入り口にゲートがあることも必須条件。

こんな感じのゲート。

車が入る場所にもちゃんとゲートがあるので、リモコンを持ってる住人しか開けられないようになっています。

ただ、「治安が良い=家賃が高い」のがアメリカなので、そんなに高い家賃を払えるわけでもない・・・。
なので、家賃が払える範囲で、「ここならまだ大丈夫!」ってところを選びました。

やっぱり男性が家にいないってすごく心細いのも事実。
なので防犯グッズ&防災グッズを色々調べ中です(笑)

契約の山

家が決まったら、今度は契約の山。

家の契約に始まり、賃貸用の火災保険、インターネット、電気・・・。
アメリカには日本のような「ひとり親手当」とかはないですが、低所得者が受けられる制度がいくつかあるので、それも調べて申請しなきゃいけない。
今まで契約関係は基本元夫に頼っていたので、何をどうやればいいのかわからなくてグーグル先生やお友達に聞きまくり。(笑)

英語に絶対の自信がないので、「契約内容間違ったら怖いな~」と思って私が考えた方法は、
契約するときはできるだけメールでやり取りする、です(笑)

電話だと聞き取りずらいし、人によっては早口でしゃべられると「???」になってしまうことがあるので、基本メールでやり取りするようにしています。
メールだったらゆっくり読めるし、わからない単語が出てきたら検索して意味を確認できるし、何回も読み返せる。

実際に、メールで新しい大家さんに
「ガス代の支払いってどうすればいいの?家賃に含まれてる?」って聞いた時、

「家の内見の時に説明したんだけど―・・・」
って言われました。(笑)

でも、「ごめんなさい、聞き逃してました!もう一回説明してもらえる?」って言えばみんなちゃんと説明してくれる。
メールでガス代や他の料金について詳しく説明してくれたので、私の住む家の場合、ガス代は家賃に含まれていて、それ以外は別途だということをここで初めて知りました。
他の契約はどこの会社と連絡する必要があるのかも丁寧に教えてもらえました。たぶんこれも説明してもらうの2回目。(笑)
メールでやり取りしたおかげで、内容がはっきり把握できて一安心。

一人暮らしの準備を始めて、全部自分でやってくのってすごく大変だけど、なんとかなるんだなってこともわかりました。
まだまだこれからだけど。

家具とか家電とか、私の節約法

新しい生活を始めるとなると、家電や家具を一から全部揃えなくちゃいけないのも大変。
元夫は「今の家にあるもので、必要なものは何でも持って行っていいよ」
って言ってくれたんですが、元々義理の息子達を含めて家族5人で暮らしていたので、ソファーもテーブルもテレビもデカすぎて新しい部屋には全然収まらない!
なので掃除機、炊飯器、パソコン、プリンター、本棚はもらって、後は買う事に。

できるだけ費用を押さえたいので、私が編み出した方法は、

  • お店に行かない
  • あっても無くてもいいものはとりあえず後回し

です。
めっちゃシンプルな方法。(笑)
でもこれで予算よりだいぶ抑えられました。

新生活が始まると、ついつい

 

おしゃれな部屋にしたいな~♪

 

とか思っちゃいますが、まずは自分の生活を安定させる方が大事なので欲張らない!

IKEAに行きたい気持ちをグッと堪えて(笑)、必要なものだけをオンラインショップで購入。
お店に行っておしゃれなディプレイとか見てしまうと、

「こんな部屋にしたいな~」
「こういうのあったらいいな~」
ってなって、ついつい予定外のものを買ってしまうんですよね。

なので、私は必要最低限のものだけをリストアップして、それをIKEAやBEST BUY(家電屋さん)、アマゾンなど、全部オンラインで購入しました。
しかもオンラインショップで買えば、値段の比較もめっちゃ楽!!
同じような物があれば「こっちの方が安いじゃん!」てすぐわかるのでネットで買う方が節約しやすいなって思います。
「買い物に行く」っていう手間も省けて時間の節約にもなりました。

あとは、「とりあえずなくても生活できる」っていうものに関しては、焦って買わない。

私の中で、「冷蔵庫、電子レンジ、ダイニングテーブル、布団があれば生活はできる!」と思っているので、それ以外は後ででも別にいいやと思ってます。
安くて良いものがそのうち見つかると思うので、今は待つ。
幸いほとんどのものはいいのが見つかって買えたんですが、今のところソファーがない。のでテレビとか床に座って観るしかない。(笑)

やってみると、なんとかなる!

始めはわからないことだらけで不安しかなかったけど、なんとか新しい生活をスタートできそうでホッとしてます。
息子も新しい生活を楽しんでくれるといいな♪

よければシェアしてください。

おすすめ記事

1

日本人は投資よりも保険が好きな人が多くて、8割以上の人が生命保険に加入しているそうです。特に「貯蓄型」に加入している人がほとんどらしい。アメリカ人は保険より投資にお金を入れる人が多い。私も以前はアメリ ...

2

今回は、加入してる保険の見直しが自分で簡単にできる方法を紹介したいと思います♡ 保険に加入しようか迷ってる・・・今入ってる保険を解約した方がいいのか知りたい・・・ っていう方に是非読んで欲しい内容です ...

-アメリカで子育て, ワーママの日常

© 2022 そーたマン日記 Powered by AFFINGER5