アメリカで子育て

ハロウィンと言えば!ジャックオランタン🎃

ハロウィンのデコレーションと言えば、「ジャックオランタン」
「ジャックオランタン」は、かぼちゃの中身をくり抜いて、中にろうそくを入れてランタンにしたものです。

元々は魔よけの意味で作られていたそうですが、今では子ども達の楽しい工作です♪

まずはかぼちゃをゲット!

この季節になると、スーパーでは必ずと言っていいほどデコレーション用のかぼちゃが売られています。

本当はもっともっといろんなかぼちゃが売られているのですが、ハロウィン3週間前ともなると、なんかもうあまり種類がない!
白いのばっかり・・・(笑)

ジャックオランタン用のかぼちゃはやっぱり黄色いかぼちゃ!!
大きすぎるとくり抜くのが大変なので、小さめのかぼちゃを3つ買いました。

どうやって作るの?

スーパーに行くと、こんな感じの「Carving Kit(くり抜きキット)」がセットになって売っています。

種類が色々あるんですが、私が買ったのは$5の安いやつ。

かぼちゃをくり抜くなんて大変そう!!って思いますが、意外と簡単
デコレーション用のかぼちゃは、日本でよく食べている緑のかぼちゃとは違って、結構サクサク切れちゃうんです。
硬さ的には、りんごよりちょっと硬いくらいのサクサク感。

くり抜きキットには、下絵も何枚か付いてきます。

これをかぼちゃに貼って、くり抜きセットに入っているローラーでかぼちゃに切り痕を付けることができます。
ただ、4歳児と作るにはハードルが大分高そうな絵だったので、下絵は使わずに自分で顔を書いてくり抜くことに。

初めてのランタン作り

マジックでかぼちゃに顔を書いて・・・。

マジックの線の上をザクザク。
初めはパパに手伝ってもらいながら一緒に。

中にろうそくを入れるために、上も切って、くり抜きキットに入っているスプーンで中身を出します。
結構中身はスカスカなので、種をぜーんぶ出す感じ。

全部で20分くらいで、あっという間にできちゃいました。

ろうそくに火を付けて、蓋をしめたら出来上がり♪
右はお兄ちゃんが作ったランタン。

めちゃくちゃかわいい~♡

作るのがすごく楽しかったので、もっといっぱいかぼちゃ買えばよかったかも・・・(笑)

よければシェアしてください。

おすすめ記事

1

日本人は投資よりも保険が好きな人が多くて、8割以上の人が生命保険に加入しているそうです。特に「貯蓄型」に加入している人がほとんどらしい。アメリカ人は保険より投資にお金を入れる人が多い。私も以前はアメリ ...

2

今回は、加入してる保険の見直しが自分で簡単にできる方法を紹介したいと思います♡ 保険に加入しようか迷ってる・・・今入ってる保険を解約した方がいいのか知りたい・・・ っていう方に是非読んで欲しい内容です ...

-アメリカで子育て

© 2022 そーたマン日記 Powered by AFFINGER5